chronic life

stay awake, stay asleep

空中庭園/角田光代/文春文庫

つい最近、本書を読んでいる最中にある別の場所で「角田光代は『危険すぎる』」と半ば冗談のつもりで書いたのですが、最後の「光の、闇の」まで読み通した今、それは全く冗談になっておらず、真摯に僕の気持ちを反映させた言葉であると云うことが、ある意味確定してしまいました。まぁ、確定したのは僕自身な訳ですが。これまでに読んだ角田作品でも漠然と感じていた、麻薬とも毒薬ともつかない、僕を深く暗いところへと誘ってしまうある種の恐ろしさが、僕の最も疑問視している「家族」と云うものをメインテーマに据えた本作において、遂に本領発揮してしまったと云うか、もう後戻り出来ないところまで引き摺り込まれてしまったと云うか……。特に、後半の「鍵つきドア」と「光の、闇の」については、最早どんな云い逃れも出来ない状態です。つまり僕は、北野美奈のようでもあり、コウのようでもあり、或いはそのどちらにもなりきれずに「家族」から逃げ続けているだけの亡霊のような存在なのかも知れない。恐らく、先ほどの「最早どんな云い逃れも出来ない状態」と云うのが、僕とこの小説の関係に最も合ったフレーズのような気がします。いやはや、これ以上の込み入った説明は、今の僕にはまだちょっと無理そうです。とにかく、僕にとって角田光代と云う作家が、とても特別な存在であると云うことは充分に認識することが出来ました。全く、底なしに恐ろしい人だ……。

空中庭園 (文春文庫)

空中庭園 (文春文庫)