chronic life

stay awake, stay asleep

マチベン/第五回

そうかぁ。こういう流れで、あの初回の冒頭のシーンに繋がる訳か。深川の事件絡みだろうとはずっと想っていたけれど、どうしてああいうことになってしまうのか、イマイチその辺りの因果関係がよく判らなかったので、ある意味スッキリしました。それ以外のところは、まだまだ色々と気になることばかりだけれど。事件の真相とか、過去の横領事件との繋がりなんかについては次回を待つとすると、今回はやはり森下愛子さんが最も印象的でした。最近は、弾けていたり明るかったりする役が多かったので、今回のような役の、それも終盤の涼子との絡みのシーンなんかは妙に鬼気迫っていて、女優としての底力を見せ付けられた気がしました。後、その娘役だった子の名前がずっと想い出せなくて、絶対顔は見たことあるのにー!と悩んでいたら、エンドロールで「谷村美月」と云う名前を目にした途端、「あー、『カナリア』のあの子じゃん!」と、漸く気が付くことが出来ました。いや、だって、当たり前だけど、成長してて……(云い訳になってないけど)。
それにしても、これだけクオリティの高い、しっかり作られているドラマが来週でもう最終回と云うのが、何とも残念でならないなぁ。正直、無駄に長くてどうなの?と想うようなドラマもあったりするけれど、これに関してはせめてワンクールはやって欲しかったなぁ。こういう硬派なドラマ、最近なかなかないですから。まだ終わる前にこういうことを云うのは気が引けますが、続篇希望、と云うことで。NHKだから、難しいかなぁ。