chronic life

stay awake, stay asleep

しをんのしおり/三浦しをん/新潮社

ずっと気になっているのに、不思議と読むきっかけをなかなか掴めない作家と云うのが何人かいて、三浦しをんもその中の一人だった。特にこの『しをんのしおり』は、発売された当初からタイトルがずっと引っ掛かっていて、どうして今まで読まなかったのか全く不思議でならないほど。で、想っていた通りとても面白かった。こういうエッセイは、大好物である。これは、このシリーズは読破せねば。同じボイルドエッグズ系だからと云う訳でもないけれど、読んでいる最中、何度かタッキーのことが頭を過った。似ているところが、あるように想う(ネガティヴな感じになってるトコの雰囲気とか特に*1)。とりわけ気に入ったのは、「超戦隊ボンサイダー」と「暴れ唐獅子の咆哮を聞け」で、前者で「御厨老人」が出てきた件なんざ、想わず腹から声を上げて哄笑してしまったほど。本当、こういうの楽しいですよね。妄想って素晴らしい。妄想、万歳!
そう云えば、この本に収録されているのは、僕より五歳年上の著者が約五年前に書いたもので、つまり殆ど今の僕と同じ歳の頃に書いたことになる。それにしては、ちょっと年齢のことをネタにし過ぎじゃござんせんか、しをんさん。

しをんのしおり

しをんのしおり

*1:って云うか、これはそういうネタなのか?