chronic life

stay awake, stay asleep

ブルースカイ/桜庭一樹/ハヤカワ文庫JA

読了。いやー、面白かった。桜庭一樹の小説はこれでまだ三作目なので、そう易々と「最高傑作」と云っては拙いのでしょうが、この作品が一つの到達点であるとは想う。ある種これまでの集大成であり、新たな一歩でもあると。それも、大いなる一歩。飛翔、とさえ云っていいかも知れない。
「少女の話だ、少女の話だ」と云われていたけれど、これは確かに少女の話である。しかし、僕が一番心震えたのは、第二部の青年論だったりする。これってもしかして、青年論と云う名を借りたオタク論なんじゃないの?くらい想ったからね。少女の話については、それぞれの読者が「少女」と云う存在を内なるものと捉えているか、外なるものと捉えているかで、だいぶ印象が変わってくるのではないかと想った。読んでない人には*1訳判んないかも知れないですけど。
部で分けて語ることにどれほどの意味があるかは判らないけれど、一番好きなのは第三部かなぁ。だって、だって……あー、ネタバレだー! やっぱりこれは、第三部ありきと云うか、そう想いませんか? いやね、これは本当に読んで良かった。

ブルースカイ (ハヤカワ文庫 JA)

ブルースカイ (ハヤカワ文庫 JA)

*1:もしかしたら読んでいる人にも