chronic life

地下室の屋根裏部屋で

モーダルな事象/奥泉光/文藝春秋本格ミステリ・マスターズ

読了。これは困った。どんな切り口でどれほどこの作品の素晴らしさを書いてみたところで、必ず伝え切れない面白さが残ってしまう。また、その凡ての良さが揃ってこそ、この小説は真に素晴らしいものとなるのだから。僕の感じたこの面白さは、一体どうすれば伝えられるのだろうか? うーん、本当に困った。よし、こういう時は逃げるに限る……。
本篇も非常に楽しんだんですが、本格ミステリ・マスターズ名物の解説とインタビューも、とても興味深く読みました。両方とも、僕がここ最近「小説」についてぼんやりと考えていたことに関する一つのしっかりとした意見が示されていて、本当に目から鱗と云うか、「ああ、そうそう! そういうことなんだよ!」と柄にもなく興奮してしまいました。「柄にもなく」は嘘ですけど。これはもう、もっと奥泉さんの本を読まなきゃ駄目だな、と想いました。取り敢えず、これで棚上げにしていた『群像』の鼎談には手が伸ばせるな、と。

モーダルな事象 (本格ミステリ・マスターズ)

モーダルな事象 (本格ミステリ・マスターズ)