chronic life

stay awake, stay asleep

季節の記憶/保坂和志/中公文庫

読了。敢えて云わせて下さい。何と豊饒でドラマティックなことだろうか! これほどまでに刺激的で、こんなに人生の鮮やかさに溢れた小説を、僕は未だかつて読んだことがない。言葉を失ってしまうほどに、ただただ素晴らしかった。
これまで読んだ保坂作品の中で、個人的に最高傑作だと想っていたのは『カンバセイション・ピース』で、これはもう生涯でベスト10に入るくらい大好きな訳ですが、この作品はちょっとそれを超えてしまったかも知れない。それぐらい素晴らしかった。と云うか、最早そういう云い回しでしか、この小説の面白さと云うものを、人に伝えることが出来ないような気になってしまっているのだ。それは勿論、僕自身の言葉の未熟さと云うのが大部分だろうけれど、それに加えてこれはやはり、実際に読んでみなければ良さは判らないと云う、至極当たり前のようで、なかなか口に出しては云い難いことも関係しているのではないだろうかと想ったりもしている。この辺りの云い回しのまどろっこしさと云うのは、どう考えても明らかに保坂和志の影響で、しかもこれだけ書けば最早まともに読む人なんていないだろうと云う、ある種の感想からの逃避でもある。元々、ここに書いているのは感想でも書評でも、況してや批評などでは決してなくて、精々「この本と私」と云うエッセイのようなものなのだ。それに、得てして本当に心を震わすほどに感動した、心底面白いと感じた作品については、語る言葉がなかったりするのだ。少なくとも、僕に関しては。さて、こんなことしてないで、さっさと『もうひとつの季節』読もうっと。

季節の記憶 (中公文庫)

季節の記憶 (中公文庫)