chronic life

地下室の屋根裏部屋で

読むそばから忘れていっても―1983–2004マンガ、ゲーム、ときどき小説/高橋源一郎/平凡社

読了。主にマンガに関するエッセイ(と云うか雑多な文章)を纏めたもので、「1983–2004」となってはいるけれど、90年代に書かれたものは皆無で、80年代は主に少女マンガ、そして00年代はしりあがり寿氏関連の文章が多い(多いと云うか、枚数的に対談と全マンガ単行本解説のボリュームがあるので)。そして最後に収められているのが、『優雅で感傷的な日本野球』連載時に雑誌に掲載された短篇小説である。それがここに収められた経緯などについては、「あとがき」を当たっていただくとして、内容的にはやっぱり最後の短篇が一番面白かった。勿論、エッセイや対談と小説では面白がり方が違うとは想いますが、それでもやっぱり面白かったものは面白かったと書いておかないと、後々自分が見返した時に、よく判らなくなってしまうので。高橋さん、こんな時期からこんなことやってたんだなぁ。そりゃあ、心酔しちゃう訳だ。さて、そろそろ小説も読むかな。