chronic life

地下室の屋根裏部屋で

青い車

観ました。映画館で観ようと想ってて、結局観れなかったのでDVDで補完しようシリーズ、第何弾だか。そんな云うほど、ちゃんと補完してないですけど。原作はよしもとよしともで、出演はARATA宮崎あおい麻生久美子田口トモロヲなど。何と云うか、今の日本映画を背負って立ってる人ばっかりですね。凄い。あ、そう云えば昨日は大谷健太郎監督作で、今日は宮崎あおい出演作って、何気に僕のベクトルは『NANA』に向いているのかも知れない。そんなに観たいつもりはないんだけどなぁ。
この映画のことを書きましょう。かなり昔に読んだキリなので、原作の記憶がかなり薄いのですが、全体の構成は結構弄ってある感じ。僕はその弄り具合が、なかなかいいなぁと想いました。いい意味で純文学っぽいって云うか……いや、こういう云い方は誤解しか生みそうにないので難しいけど、とにかく僕は面白かったです。観て良かった。それと、つい昨日も中谷美紀の美しさについて書いたばかりだけれど、今作の麻生さんも素晴らしく美しかった。それだけでも、充分観る価値あり。いやぁもう何て云うか、そういう観方しか出来んのか!って感じだけど。後、後ろ姿とかだと麻生さんと宮崎さんを時々見間違ってしまって、この二人が姉妹役っていいキャスティングだなぁ、とも想いました。