chronic life

地下室の屋根裏部屋で

バラバの方を/飛鳥部勝則/徳間ノベルス

読了。約二箇月振りの飛鳥部。頭のおかしい人が一杯出てきます。グロい描写も結構それなりに……。その時点で、かなり読者を選んでるような気もしますが、飛鳥部にしたら大抵いつものことなので、特に気にならず。寧ろ、今回の振り切れ具合は気持ちいいくらいでして。それにしても、皆「狂ってる」って云い過ぎ。
ミステリーとしてのトリックと云うかネタは、別に目新しい訳じゃないんですが、けどやっぱりこういう雰囲気は飛鳥部じゃないと味わえないよな、と想う次第な訳です。幻想と云うかホラーと云うか、とにかく何かの箍が外れている。登場人物が精神に異常を来しているように、ミステリーとしての骨格さえも歪みかねない。かねないって云うか、ねぇ……。そこが面白いんだけど(笑)。
今回の真の探偵役――と云うか謎解きをした人物は、これまでの飛鳥部作品ではあまり登場しなかったようなタイプの人だったので、こういうキャラもアクセントにはいいのかな、とも想いました。それと、動機は結構好きですね。取り敢えず、第一章はもう一度読み返そうかな、と。 

バラバの方を (トクマ・ノベルズ)

バラバの方を (トクマ・ノベルズ)