chronic life

stay awake, stay asleep

赤に捧げる殺意/有栖川有栖・折原一・太田忠司・赤川次郎・西沢保彦・霞流一・鯨統一郎・麻耶雄嵩/角川書店

読了。未読の麻耶作品「氷山の一角」が収録されているので読んでみました。西澤の「時計じかけの小鳥」以外は全部初読。赤川次郎とか多分、生涯で初めて読んだんじゃないかな。なかなか良かったですけど。
ファンの贔屓目かも知れないけど、やっぱ麻耶は面白かったなぁ。これって要は、メルと美袋の関係性が読みどころであって、ダイイング・メッセージの謎とかもうどうでもいいんじゃないかって感じですからね。そこがいいんだけど。メル・美袋で、もう一冊くらい短篇集出ないかなぁ。
後は、鯨さんの「Aは安楽椅子のA」も面白かった。やっぱり僕は、真っ当なミステリーより、変化球と云うか力み過ぎて歪んじゃった、みたいな話が好きなんだなぁ。いや、今回の鯨さんの作品は、かなり真っ当だと想いますけどね、ミステリーとしては。
そんな訳で、お薦めは麻耶に鯨にオマケで赤川次郎の「命の恩人」。そう云えば、叙述トリックじゃない折原一作品って、初めて読んだかも。