chronic life

stay awake, stay asleep

犬はどこだ/米澤穂信/東京創元社ミステリ・フロンティア

読了。良かったです。『さよなら妖精』を読んで、少しだけ抱いていた米澤さんへの苦手意識は、この作品で払拭されたと云っていいと想います。それだけでも十分収獲。
主人公の紺屋のキャラクターが結構好きで、寧ろ僕はこの作品の方が、キャラ読みに近い部分があったかも知れません。ハンペーもかなりいい味出してたし、「G」で始まるあの人もカッコ良かった*1。勿論ストーリーも面白かったし、ミステリーとしても良かったですが*2。かなり序盤から、二つの案件の交差点が見え隠れしていて、読んでる方としては「早く気付けよ」と想わないでもなかったのですが、面白かったから赦す(笑)。
ラストは、ブラックとまではいかないけれど、ビターと呼ぶには充分な着地だと想われます。このビター加減が実に良い。良いと云うか、好ましい。読みようによっては背筋に寒気がするかも知れないし、ラスト一行で快哉を叫ぶかも知れない。この、何とも云えない後味と云うのは、そうそう味わえるものではない。こういう終わり方、好きだなぁ。
うーん、やっぱり「古典部」シリーズも読んでみようかなぁ。って云うか、これの続篇は絶対読みますけどね。色々気になることがあるのです。

犬はどこだ (ミステリ・フロンティア)

犬はどこだ (ミステリ・フロンティア)

*1:ちゃんと書いていいのかちょっと迷う

*2:そこをもっとちゃんと書けよ>俺