chronic life

stay awake, stay asleep

巷説百物語 孤者異

漸く観ました。あー、面白かった。堤幸彦×京極夏彦×渡部篤郎と云う、僕の一番大好きな演出家×作家×俳優のコラボレーションな訳ですから、僕が面白く想わない訳がないのでした。
堤監督、(意外にも)初の時代劇と云うことで、演出的にちょっと抑え目なのかな?と心配していたのですが、そんなの完全なる杞憂でした。いつもの堤演出炸裂、と云うか寧ろ、地上波の連ドラとかより生き生きしてたくらい。渡部又市も最高に格好良かったし、満足満足。
吹越さんの百介が、ちょっとわざとらしいかな、と想うところもあったりしたんですが、後は概ねいい感じ。小池さんのおぎんも、結構嵌ってたし。「孤者異」を最初に持ってきたって云うのも、そういう意味では正解だったかも知れない。
又市と田所がルパンと銭形みたいだったり、治平が衆道*1だったりってアレンジも、巧くドラマ的なアクセントになっていて、全体的にコミカルでテンポ良く、本当に堤ファンには堪らないものがあったのではないでしょうか。佐藤二朗さんや野添義弘さんなど、随所に登場する堤組のキャストなんかも、いつものように実にいい味を出していて、ドラマ全体の雰囲気を盛り上げていたと想う。
後、与力と同心を演じた、嶋田久作さんと遠藤憲一さんがかなり嵌ってて、素晴らしかった。特に遠藤さんのコミカルな演技ってのが、僕は最高に好きな訳です、はい。
原作の数もまだまだあるし、これなら全然連ドラでやっても面白いと想うんだけどなぁ。地上波だとちょっと難しいのかなぁ、色々と。

*1:男色