chronic life

stay awake, stay asleep

anego/第一回

設定からして、火曜の『曲がり角の彼女』とモロ被りな感じでしたが、見事にそれぞれの局のカラーが出て、違った味わいのドラマになりましたね。良いこと良いこと。こっちも想ったより面白かったんで、何はともあれ一安心。
林真理子の原作は未読ですが、何時もの如く中園ミホの原作を料理する腕は確かだ。リアルとか嘘っぽいとかそういうことは超越して、ただ単純に面白いドラマに仕上げている。それって結構大事なことだと想う。
しかし、北京帰りの宮本は単純に酷い男だったなぁ。また演じる田中実さんが、何時も何時もドラマでいい人の役ばっかやってるもんだから、僕もすっかり騙されましたよ。ま、最後は一応懲りたみたいだし、もう出て来ないのかなぁ。
主演の篠原さんは、最近すっかりドラマに引っ張りだこで、今回も実に嵌ってました。時々垣間見せる哀しい表情がとっても良くて、奈央子の持っているギャル*1にもオバサンにもなれない悲哀が実に素晴らしく表現されておりました。主役が磐石だと、ドラマ自体に安心感が出ますね。
ともさかがこういう役やってるのを観ると、何だか無性に時の流れを感じますね。昔々、剛君と一緒に『金田一少年』をやってたあの美雪が、加藤雅也の奥さんですからね。しかし、彼女のアレは天然か、本当に天然なのか? 実に気になる。何か異常に奈央子に絡んで来たから、何か裏に隠しているのかも知れない。旦那と巧くいってないのかも?
赤西君は、未だあんま出番なかったですね。初回のラストで「アネゴ」って呼ぶところから彼の役は動き出すんだと想うんで、来週以降は出番も増えそう。しかし、「アネゴ」なんて云うか……。変わった奴だなぁ、やっぱ。
戸田さんが篠原さんの後輩ってのがちょっと違和感あったんですけど、立ち飲み屋のシーンで印象が変わりましたね。ラストのキラーパスも実に小気味良い。山口紗弥加もこういう憎たらしい役がよく似合う。地味かも知れないけど、キャスティングは概ねピッタリなんだよなぁ、このドラマ。
後、山口馬木也は結構出番ありそう。何時観ても顔濃いよなぁ、この人。それにしても、小西美帆は何かオバサンみたいだなぁ。とてもギャルズの方の一員とは想えない。キャスティングミスじゃないの、これ(笑)?
ちゅう訳で、色々ウダウダ云ってますが、案外ちゃっかり楽しめました。何か、普通に楽しめたドラマが、一番感想長いと云う……。

*1:この言葉自体、久し振りに聞いた気が……