chronic life

stay awake, stay asleep

ヘリオテロリズム特別号「20」/感想

冬コミで販売されたそらけいさん 主宰の同人誌、ヘリオテロリズム特別号「20」 の感想を書かせていただきます。作品自体もそれぞれ原稿用紙20枚と云う縛りの許で書かれたものなので、コメントもなるべくコンパクトに纏めたいと想います。では、期待せずにご覧下さい。

★蔓/松本楽志
相変わらずの面白さ。独特の、思考が混濁している部分の表現が秀逸。しかしながら非常に残念なのは、僕はこの作品を読んで、個人的にホラーが苦手なんだと云うことを完全に認識してしまったことである。俺、残念。

★耳/近田鳶迩
唯一のコント。巻末のコメントでも表明されている通り、ラーメンズと云う存在が非常に頭をチラつきました。では、あの二人がこれをやっているのかと云うとそういうことでもなく、何はともあれ実演が観たいな、と。

★リピート/根子
いいですね、はい。好きです、こういうの。やっぱり根子さんの文章は肌に合うと云うか、滲み出ている雰囲気が堪らない感じです。惜しむらくは、もう少し長くても良かったかな、とは想います。20枚書いても良かったかと。

★壁の向こう/キセン
キセン君は才能あると想うんですよね、普通に。とは云え、個人的感慨としてはスーパーナチュラルに少し抵抗感があって、それが僕にとっての壁になっているような気がして、話に入り込めなかったのが残念。やっぱ、俺が悪い。

★メタ探偵の助手/秋山真琴
僕に「読者を蹴っている」とか云う秋山さんなのですが、これも充分蹴ってる気が(ry。そこがいいところなんですけど、正直な感想は「ああ、ファンタジーになっちゃったか」と云う感じで。西尾維新っぽいとか云うと、駄目?

★20には帰れない/踝祐吾
横で駄目出しされているのを聴いていたので、変なバイアスが(笑)。普通に良く出来てると想ったんですが、逆にどうしてそんなに「20」に拘るんだ?と云う、ある意味メタな疑問が……。訊くだけ野暮ですか、野暮ですね。

★平成元年のバスケットボール/K
例によって参考文献は殆ど未読でして、多分雰囲気しか読めてない気がしますが、それでも不思議と込み上げるものがあると云うのは、僕が未だに思春期から抜け出せていないからでしょうか。僕は、太宰と逢いたいですね。

★未来のあなたを許してあげて/いづる
なるほど、こういう物語もあるんだなぁ、と。記述の仕方によって、かなり印象が違ってるような気がして、順序を入れ替えて再読してみたりしました。カイトと云われると、どうしても『H×H』のことを考えてしまう僕は駄目な子です。

★『百億の秋に、千億の愛を』#3「限りない慾望」/丼原ザ★ボン
自作。何がやりたかったかと云うと、自分の書きたいものを慾望に任せて書きたかった、と云うことで。だから「限りない慾望」。この作品に出て来た主要キャラが、今後この連作のメインを張って行くことになります。特に、探偵とか。

★輪唱ラヴソング(二)/曽良圭
続き、期待してます。秋庭がいいですね。鋏は(ry。ネタです。お気になさらず。

★総評
案外、自分のストライクゾーンが狭いと云うことを深く痛感させられた一冊でした。ホラーとかスーパーナチュラルとか、或いはファンタジーとか苦手な分野の作品でも、こういう形で提示されると読んじゃうと云うのは、個人的には勉強にもいい経験にもなりますね。本当、こういう苦手意識を解消したい。読む方も、書く方も。続き、頑張ります(笑)。