chronic life

stay awake, stay asleep

アルファベット・パズラーズ/大山誠一郎/東京創元社ミステリ・フロンティア

上の奴を観終わって直ぐに読み始めて、途中で昼食休憩を挟んでそのまま最後まで。全体的に長くなってるので、これもやっぱり続きにします。
何と云うか、殆ど一気読みでしたね。一日一篇とか云ってた癖に(笑)。なんかもう、それだけで充分に今日は凄い一日になった。本作が傑作であることが、本当ならオマケなんかになる筈ないのに……。
そんな訳で、傑作本格ミステリーの中短篇集。先ず最初の「Pの妄想」は、何と云ってもタイトルが良い。この短篇の良さは、このタイトルに集約されていると云っても過言ではない――とか書いて、これはネタバレじゃないよね、違うよね、ね、ね?
次に「Fの告発」。これは、トリックが好きですね。ネタと云うかタネと云うか。色々と細かいところまで非常に計算し尽くされていて、何一つとして無駄がない――ように作者が世界を構築している訳ですが(笑)。あんまり喋るとうっかりネタバレしそうになるのですが、映像化には向かない作品だろうなぁとは想います。まぁ、理由は既読の方はご存知の通り。出来れば、未読の方はドラッグしないように。
で、ラストを飾る「Yの誘拐」。これがもう半端じゃなく素晴らしいですね。この一作をもって、この一冊を傑作たらしめていると云う白眉の出来。本格ミステリーとしての素晴らしさ≒パズラーとしての妙だけでなく、小説そのものとしての完成度の高さが非常に効いていて、真相の後に残る何とも云えない読後感が、この一冊を粛々と締め括ります。そうか、そう来るのか、と。
いい本です。お薦め致します。なるべく多くの人に読んでもらって、その素晴らしさを共有したい一冊ですね。