chronic life

stay awake, stay asleep

黄金蝶ひとり/太田忠司/講談社ミステリーランド

黄金蝶ひとり (ミステリーランド)

黄金蝶ひとり (ミステリーランド)

ミステリーランドだったので短く読み易くて一息で読了。ふむ、是も面白かった。ミステリーと云うか、ジュブナイルって感じですかね。まぁ、ミステリーランド読んだのは、竹本さんの『闇のなかの赤い馬』以来二冊目だから、比較対象がおかしい訳ですが(笑)。
本篇を読む前に、冒頭に仕掛けてるある仕掛けに先に気付いてしまったので、そういう意味でのドキドキはなかったけど、主人公である洸と視点に立っての、おじいちゃんやテツや三色帽子との遣り取りは充分に楽しめた。まぁラストは、なるようになったと云うか、ならないようになったと云うか、未読の人に余り先入観を与えるようなことを云いたくないので、深追いは避けます。一つだけ云えるすれば、山崎貴が映画化しそう(笑)。
そんな訳で、僕が「黄金虫」を読むのは一体何時になることやら……。