chronic life

stay awake, stay asleep

良し悪し

いかん。竹本健治の本を読み乍ら、自分の小説を書いていると、どうしてもそっちに作風が持っていかれてしまって、完全にパクリとしか想えないものになってしまう。駄目だ。侵され過ぎ、俺……。
けど、面白いから仕方ない。尊敬するから仕様が無い。こういう小説を目指してんだから、始末が悪い。オマージュとか、そういうの?と、お茶を濁すことにしよう。うん、そうしよう。