chronic life

地下室の屋根裏部屋で

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)/村上春樹

と云う訳で、今日一日(午後から夜に掛けて位)で読了致しました。先ずは上巻。昨日とか、色々云ったけど、やっぱ面白いです、村上春樹。自分のテンションが悪かっただけみたいだ。だから、今夜吹っ切れた後は、本当に楽しくサクサクと読めましたよ。面白い、村上春樹(笑)。ストーリー的には、未だ上巻だけなので、何とも云えない処なんですが、やっぱり引きが強いですね、物語の。特に作品の構成上、次の章への興味の持続させ方が色々難しいと想うんですけど、その辺りが非常に巧い。流石、春樹。
兎に角、続けて早く下巻も読もうと想います。色々気に掛かっていることもあるし、未だ知りたいことだらけだし。今は一寸、本の世界で骨休め。