心の外で思って®

〈Belacqua〉

2017年7月の読書まとめ

 角川映画と朝ドラの本を読んだので、そういうラインのものをまた探してみたいと思います。

7月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1844
ナイス数:24

角川映画 1976-1986(増補版) (角川文庫)角川映画 1976-1986(増補版) (角川文庫)感想
時代も読む順序も前後してしまったんですが、同じ著者の『月9』を読んだ後のような興奮を覚えました。しかし大きく異なるのは、本書には角川春樹と云う主人公が判然と存在している点です。
去年辺りから意識的に、この時期の「角川映画」を断続的に観ているので、興味深いエピソードも多かったですね。まだまだ、これからも観ます!
読了日:07月03日 著者:中川 右介
誰も僕を裁けない (講談社ノベルス)誰も僕を裁けない (講談社ノベルス)感想
今度はこう来たかー! 今のところ、早坂吝に外れなし。「プロローグ」そういうことだったのか……!!
読了日:07月08日 著者:早坂 吝
木曜日だった男 一つの悪夢 (光文社古典新訳文庫)木曜日だった男 一つの悪夢 (光文社古典新訳文庫)感想
この新訳が出たのが、《木曜劇場》で『コード・ブルー』が始まる直前なので、それだけの間、積んでいたと云うことですね……。
この題名(と副題)で、この内容と云うのが実に素晴らしい。そして、順序が違うのは重々承知の上で書かせてもらえるなら、ある種の「筒井康隆っぽさ」も感じましたね。
読了日:07月18日 著者:チェスタトン
みんなの朝ドラ (講談社現代新書)みんなの朝ドラ (講談社現代新書)感想
恐らく初めて観た朝ドラが『君の名は』で、がっつりハマったのは『ひらり』が最初だったと思う。その後も何作かは観ていたけれど、やはり続けてチェックするようになったのはテン年代に入ってからだった。
ひよっこ』の録画がもう八十回分くらい溜まっているので、何とか追いつかなければ……。
読了日:07月21日 著者:木俣 冬
頭の悪い日本語 (新潮新書)頭の悪い日本語 (新潮新書)感想
言葉を取っ掛かりにした、随筆集として楽しんだ。
「『サック』はくわえるという意味である。分かるね」(198頁)のような件は、実に好ましかった。
読了日:07月25日 著者:小谷野 敦
ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)感想
連ドラの、あるキャストからの連想か、『ストロベリーナイト』のことが思い浮かんだ。いや、あちらは映像化されたものを観ただけなんですが……。
続巻を読むかどうかは、ちょっと悩むところですね。
読了日:07月27日 著者:内藤 了

読書メーター