心の外で思って®

〈Belacqua〉

2017年3月の読書まとめ

 ジャンルは色々と読めたので、後は数なんですよねぇ……。

2017年3月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1600ページ
ナイス数:34ナイス

紙の碑に泪を (講談社ノベルス)紙の碑に泪を (講談社ノベルス)感想
ハッハッハー! 何作か溜めてしまっていたんですが、やはり年に一冊は読みたい味でした。更にもう一捻りあれば……と云うのは、高望みって奴ですかね。
読了日:3月9日 著者:倉阪鬼一郎
増補新版 芸能人はなぜ干されるのか増補新版 芸能人はなぜ干されるのか感想
この「増補新版」が刊行された昨年9月以降に限っても、芸能界を中心とした様々な事件や問題が明るみに出ている。以前に比べれば、芸能人の労働環境や労働組合についての議論は交わされつつあるようにも感じられるが、それでもまだ何か大きな進展があったとは思えない。本書に登場する芸能界の大物達の暗躍や権謀術数は、まるで戦国武将か何かのようで、これらが凡てフィクションであったなら!と考えずにはいられない。勿論、全部を鵜呑みにするつもりもない。ただ、もっと多くの人に読まれますように、と願って……。
読了日:3月9日 著者:星野陽平
ずうのめ人形ずうのめ人形感想
因果や縁故について些か偶然が勝ち過ぎているような気もしますが、それに関する理屈もある程度は示されているので、やはり巧いなと。そして、藤間のメンタルにかなりシンクロしながら読んでました。397ページに記された、二つの名前にもニヤリ。
読了日:3月12日 著者:澤村伊智
すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)感想
神や宗教は排除されても、「フォード」は残っていると云うのが、何ともアイロニカルだなぁ、と。「連帯のおつとめ」なんかもそうですが……。中盤で野人ジョンが登場してからは、『アルジャーノンに花束を』や『エレファント・マン』のことが頭を過りました。
もし、ジョンとドルリー・レーンが出会ったとしたら、一体どんな会話を交わすんだろう?などと、妄想が膨らみます。
読了日:3月22日 著者:オルダス・ハクスリー
弁護側の証人 (集英社文庫)弁護側の証人 (集英社文庫)感想
ある作品のことを考えていた。ここ五年ほどの間に放送された、原作の設定を大胆にアレンジした連続ドラマのことを。ネタ的には殆ど正反対の代物なのだけれど、事件の起こる空気感のようなものが似ているなぁ、と。因みに、その原作小説よりも本作の方が更に十数年前に書かれていたのでした。おっと、これ以上は……。
読了日:3月27日 著者:小泉喜美子

読書メーター